具体例

【法人営業の新規開拓㉕】ブログ経由で面白い社長と知り合う

SEO対策,ブログ,

こんにちは 売れない新規開拓・法人営業マン支援「お役立ち営業」ブログ 管理人です

 

昔やっていたブログを経由して面白い社長と知り合ったという事例です。

その方は特に製造業への出入りが多く、作り手と発注者を結びつけるような

マッチングを得意としておりました。

私としてもいくつか商談を紹介してもらい、自社商品を納品することに

成功しました。

 

商談概要  

【顧客情報】 製造業マッチング業?社員数 1名 社長

【勝因】 自分のブログが検索上位 → アクセス容易に

     お互いの不得手な部分を補う存在になり得た

【時系列での受注まで経緯】

 ① ある日、ブログ経由で連絡あり 

 「〇〇は扱ってますか?」

 「自分のお客へニーズがあるのだがこのジャンルの知り合いが居ない」

  といった内容でした。

 

 ② アポ取って来社いただく

 → 商談 「御社(ウチのこと)の〇〇を自分のお客さんに販売したい」

 → ノリも含めて妙にウマが合うことをお互い認識

 

 ③ 早速その場でアポ取り

 →この方のお客さんが後日ウチに来社されることに

 → 来社されて2日後、無事受注 → 納品して満足してもらう

 

 ④ このお客さんへの案件を見て、「これはいい」と思ったようで・・

 → 次のお客さん紹介 → 同行して商談  

 

 ⑤ 同様に合計で5社ほど紹介いただきました!

 

【競合情報 なし】

【決裁者 社長Bさん】  

 

ブログがヒット!

当時のブログは、内容云々よりも

検索に引っかかることを念頭に書いておりました。

ひと昔前は、あまりそのようなことを考える人がいなかったためか

大手のブログサービスでコツコツと書くことで

SEO効果も上がり、

〇〇(商品名) + 地域名 

で、検索上位に出現するようになりました

(ちなみに今では企業として参入も相次いでいて難しそう)。

今回の社長Bさんも、このワードで検索してきたことは

明らかでした。

ブログは会社のホームページとはまったく別物で

個人の営業マンによる活動日誌のような趣であり、

取り扱い品目をズラッと並べた「公式」HPに比べると

検索予想品目を絞り、明らかにSEOを狙ったものに

仕立ててありました。

 

仕事熱心な営業マン同士ウマが合った

この社長さんは、

ノリとしてはフマジメな点もありましたが(笑)

とにかく仕事熱心であったこと、

そして

お客さんへの役立ちを第一に考える、

という点で共感しました。

この初対面は雑談含めて2時間くらいあったかもしれません。

最後のほうでは、

「正直、ネット(=今回はブログ)経由っていうのも

果たしてどうなんだろう?ってのはあったけど

こうして仕事熱心な男と知り合えて良かったよ。」

と正直な感想を言っていただけました。

ちょっと照れますね。

不得意分野は「再販」も考慮すべき

当時の私は業種として地場の工場、製造業にはまったく実績がありませんでした。

この社長はそんな私の弱み(=工場・製造業)に強みを持っていたので

組み合わせとしては最強でした。

今回はブログ経由であったため、偶然でありましたが、

もし貴方が特定の業種や地域に実績が無く不得意だった場合、

それを補うために「再販」も視野にいれるべきかと思います。

「再販」でその業種・地域に強い業者・個人に

営業を任せることで、直接販売より利益は落ちるものの

しっかり安定的な売上になり得ます。

この社長からすれば、自分の不得意分野のプロ(私のこと)と知り合うことが出来たし

私からすれば、自分の不得意の業種にコネのある人(社長のこと)と

知り合うことが出来ました。

単なるラッキーといえばそれまでですが、あらためていい巡り合わせでした。

 

まとめ

ブログでいつ「問い合わせ」が来るのかは

読めませんので

普段通り、営業活動に力を入れるのが本筋ですが、

このように、風呂敷を広げておくことで

プラスアルファの売上が期待できます。

ネット経由での問い合わせや見積依頼は

顔が見えない分、

アナログ手法では出会うことのないタイプの人が

混じってきますので

この点は注意すべきかもしれません。

・大前提となる条件等、ブログをよく読んでない

・とにかく失礼。唐突に連絡取れなくなる

など、もしこのようなタイプと出会った場合は

ネットだから、とあきらめましょう。

でも中には、

運命的な!

とか

相性バッチリ!

といった

「当たり」もあります。

当案件は「当たり」だったわけですので

継続的に何社か紹介していただくことが出来ました!

 

ABOUT ME
営業大学 管理人
地方都市の零細企業で年収800万円稼ぐ!現役営業マン