具体例

法人向け「お役立ち営業」の具体例②中古パソコンという選択肢も

中古パソコン

こんにちは 売れない新規開拓・法人営業マン支援「お役立ち営業」ブログ 管理人です

今回も 法人向けの「お役立ち営業」の具体例 を紹介します。

(「お役立ち営業の概要」は以下記事を参照ください)

お役立ち
法人営業における「お役立ち営業」とは?法人営業の新規開拓におけるこれからの手法「お役立ち営業」を解説します。注意点、メリット、デメリット。...

お役立ち営業 具体例②

法人向け、として

「役立てるジャンルなら何でも」

というスタンスで営業する営業マンのお役立ち事例を

紹介してまいります。

お役立ち営業 具体例②  twitter  6/18

 

中古パソコン設置・設定

パソコンを従業員の数だけ揃える、となると

それなりの出費になりますね。

大企業ではポンと買えるものも

零細企業ではついつい躊躇してしまいます。

そこで2台の「中古パソコン」が役に立ちました。


 

商談概要

【発端】

・異業種交流で知り合った工場の社長さん(社員3名)

→ お客 「まだWindows7使用中だが10にしたほうがいいと思っている。・・だけどちょっと今、金ないなぁ」

→ 私 「中古パソコンという手がありますよ」

→ お客 「そんなに安いなら是非紹介してほしい!」

 

【進捗】

・念のため、今使っているPCのスペックとOffice(Word/Excel等)を確認

→ CPUやメモリ、そしてハードディスク容量をチェック。データで500GB以上使用している場合はSSDにするにも同程度の容量のものを用意する必要がある。

・業界向け特殊ソフト等の有無を確認

→ 今回の例では無かったが、ある場合はソフト自体を用意してもらう必要がある。またそのソフトがWindows10に対応しているかどうかも要チェック。

・協力者に依頼

→ 協力者のもとにベースとなるデスクトップPC×2台があるとのこと。「SSD換装」「メモリ増設」Windows10クリーンインストール後、お渡し

 

・結果的にこれだけで10~15万円が浮きました!

 

中古パソコン

これまでも起業したての人を何度かお手伝いしたことがありますが

机やPCや事務機を中古で揃えて、というパターンが多いですね。

今回PCはそれぞれの手持ちのものを持ち寄った、とのことで

年季が入ってボロボロでした。

うち2台を入れ替えたい、というニーズが

聞けましたが

私もパソコン屋ではありませんし

雑談の中であくまで願望を述べただけだったのでしょう。

 

メモリ増設してSSD等に換装してクリーンインストール作業をして

販売しました。

新品2台を購入するのと比べたら

10万円以上差がつきましたね。

パソコンをフル活用!!という職場ではない

小さな工場ですので

「これで十分!」ととても喜んでいただきました。

ITの相談相手不在の社長さんが多い

ところでパソコンの購入、ITツールの相談という意味で

その相談相手がいない中小零細企業の社長さんが結構います

事務所用でシンプルな構成でいいはずなのに

ブルーレイのドライブ内蔵のオーバースペックだったり

Officeソフトに

使わないAccessやパブリッシャーが入っていたり・・。

ちょっと見て見ると、

わけのわからないアドウェアがたっぷりインストールされていたり

メモリが明らかに不足していたり・・・

とても書ききれません。

コピー機や専用システムなどが導入されていれば

少なくてもそうした業者の出入りがあって

パソコン周り、ネットワーク周りに

アドバイスがされて

適正な商品の適正配置がなされたりもしますが

個人事業主や従業員2~3人くらいだと

パソコンを量販店で適当に買ってきて取り付けたり

無線LANルータや小型プリンタなどをネットで買って接続したり・・

それでも知識があればいいですが

見よう見まねで結構めちゃくちゃだったりします。

今後はそうした社長さんに対して

IT関連の適切な環境整備を提案できるかなと・・。

お互いが良かった~と思える案件でした。

「お役立ち営業」では各ジャンルの「つなぎ知識」で取次ぎを

雑談で不意にこうした話題を振られて、

「よくわからないけど誰か紹介しましょうか」

よりは

とりあえず診断・アドバイスを自分自身で施したうえ

必要に応じて業者紹介、

のほうが筋道がハッキリしていてベターです。

そのジャンルの営業マンレベルの知識までいかなくても

とりあえず診断できる程度の「つなぎ知識」は

持っておいたほうがいいと思われます。

もっとも、最初からあらゆる方向の知識を

浅いレベルとはいえ、一から習得するのは難しいので、

とにかくそうした外注先の担当とくっついて

同行営業し、カンどころを掴むようにしましょう。

紹介へのつなぎ知識・つなぎトークを習得して

スムーズに外注・委託できるように出来れば

お役立ち営業プロセスもかなりの部分が

完成されたも同然です。

 

ABOUT ME
営業大学 管理人
地方都市の零細企業で年収800万円稼ぐ!現役営業マン